AkaNeブランドリフトパッケージAkaNeブランドリフトパッケージ

AkaNeブランドリフトパッケージを使用することにより、
今までは効果が可視化することが難しかった

獲得だけが指標ではない、
ブランディング施策/
コンテンツ配信の効果可視化

実現できます。

もっと詳しく!

こんな悩みはありませんか?

こんな悩みはありませんか?

そんな悩みを解決!

データ連携データ連携

広告接触からKPI計測地点までの
ユーザー行動

読了/ブランドリフトを指標にするメリット
よりKPIに近い地点を運用/
コンテンツ改善の指標とすることで
配信品質やコンテンツの価値を
正しく判断することが可能になり、
広告効果の最大化を図ることができます。

何が今までのブランドリフトとは
違うのか

従来のブランドリフト調査

広告接触を広告表示/動画視聴開始と定義広告接触を広告表示/動画視聴開始と定義

  • -大規模な広告配信の際のみ調査可能
  • -深い「態度変容」の可視化が難しい

AkaNeブランドリフトパッケージ

広告接触を広告クリック(記事閲覧)動画広告10秒視聴と定義広告接触を広告クリック(記事閲覧)動画広告10秒視聴と定義

  • -最低出稿金額(50万円)の配信でもブランドリフト調査が可能
  • -深い「態度変容」も可視化できる

  • コンテンツマーケティングの広告効果可視化に最適
  • ★GMOリサーチ社とのデータ連携により実現!

調査方法と活用のしくみ

  • ★アンケートは自由にカスタマイズ可能!
  • ★デモグラ(性別/年代)別、訴求別に調査が可能!

調査事例

広告主様
大手飲料品メーカー様
配信手法
AkaNeインフィード配信
広告遷移先
大手女性系メディアタイアップ記事

タイアップコンテンツが「広告としてどんな価値を生んだのか」を可視化し
ブランディング施策の評価と分析を行いました。

デモグラ別認知分析

訴求別認知分析

デモグラ別認知分析

訴求別認知分析

管理画面数値だけでは判断が難しい
コンテンツ改善/配信プランを設計が可能に!

実施費用

AkaNe配信費用(配信ボリューム)に関わらず、
20万円の調査費用を追加するだけでブランリフト調査可能な点が特徴です。

さらに!

AkaNeブランドリフトパッケージをご利用いただくと、
次回AkaNe配信をご利用いただく際に、
配信を10%分※サービスさせていただきます。

※お申込みいただいた金額に10%上乗せして配信。
ご請求金額はお申込みいただいた金額のみ。

広告配信とユーザーの態度変容を
「KPI/運用指標」として可視化する際に、
CPB(Cost Per BrandLift)指標のご利用を
推奨させていただきます。

AkaNeでは、CPCやCPAといった従来の広告効果計測指標に加え
一人あたりの態度変容単価を表す
「CPB(Cost Per Brandlift)」を導入し、
広告効果の最適化を図ります。
CPBは以下の方法で算出します。

デモグラ別認知分析

デモグラ別認知分析

今まであいまいだった
「ブランディング」を定量化して
評価可能に!